教育・研究
zaitaku

在宅看護学

在宅看護では、看護を必要とするあらゆる年代の方に対して社会の中での立場や役割を大切にしながら、療養の必要な方を「生活者」の視点でとらえて援助します。自宅にいながら療養する方々とその家族の援助のために必要な知識や技術について、各分野で学んだ様々な知識や技術を統合しながら3年次から学修します。また、卒業後にどのような分野で活躍するにしても必要とされる、確かな判断力や問題解決能力、家族やボランティア、様々な職種や立場の方との連携に必要とされる調整能力について、在宅で療養する方への援助を通して学んでいきます。そのために、講義・演習だけでなく、地域ケアプラザや訪問看護ステーションなどの施設での実習が用意されています。

科目①:在宅看護学概論【3年次春学期】

在宅における療養者や家族を対象に、その人らしさとセルフケアを重視した日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援、家族の介護負担軽減にも配慮したケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

科目②:在宅看護援助論【4年次春学期】

在宅ケアとは、疾病や加齢などによって医療や社会的援護を必要とする人々に対して、施設に収容せず在宅のままで福祉・医療サービスを提供することです。我が国では、これまで医療の中心であった施設ケアから在宅ケアへと大きな転換が図られています。そのため在宅ケアを要する対象とその家族を対象にした日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援やケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

教員紹介

深谷 安子 教授

担当科目

【学部】

  • ・在宅看護概論、在宅看護援助論、在宅看護演習、在宅看護実習Ⅰ・Ⅱ、統合看護実習 家族看護学、卒業研究

【研究科】

  • ・看護研究方法論、生活支援看護学特論、高齢者・在宅看護学特講Ⅰ、高齢者・在学看護学特講Ⅱ、高齢者・在宅看護学特講Ⅲ、高齢者・在宅看護学演習、高齢者・在宅看護学特別演習、生活支援看護学特別研究
研究テーマ
  • ・要介護高齢者のコミュニケーションに関する研究
  • ・在宅および施設における要介護高齢者の自立支援に関する研究
主な実績 【著書】

  • ・Activities of Daily Living:Performance,Impact on Life Quality and Assistance. Status of Capability ADL and Performance ADL (ADL Gap)in Community Elderly With
    Disabilities and Development of ADL Gap Self-Efficacy(2013)Nova Science Publishers, Inc.
  • ・鎌倉弥生、深谷安子編、看護学生のためのケ-ススタディ(2011)メジカルフレンド社.
  • ・サラ・コリンズ他著,北村隆憲・深谷安子監訳, 患者参加の質的研究-会話分析からみた医療現場のコミュニケーション(2010)医学書院.

【論文】

  • Yasuko Fukaya, Takanori Kitamura, Sachiyo Koyama, Shinobu Sato, Kanako Satou, (2015)Analysis of Elderly Utterances in TypeⅡCommunication with Caregivers in Japan, Contemporary Nurse, Vol 50-3. (in press)
  • ・Takanori Kitamura, Yasuko Fukaya,Sachiyo Koyama,et.al(2011)Change in speaking time of elderly people who require facility care when social communication from staff is increasedChange in speaking time of elderly people who require facility care when social communication from staff is increased,USM International Nursing Conference,51-57.
  • ・木村 勇介,深谷 安子(2011):日常生活行動における高齢者の要望や困りごとへの対応に関する施設職員の意識の構成要素,東海大学健康科学部紀要.16,31-37.
  • ・Yasuko Fukaya,Sachiyo Koyama,Yusuke Kimura,Takanori Kitamura(2009):Education to promote verbal communication by caregivers in geriatric care facilities,Japan Journal of Nursing Science.16,91-103.

【学会発表】

  • Y.Fukaya(2014):Communication as care for the elderly, 2nd International Conference on Nursing & Healthcare, Chicago USA.(招聘公演)
  • ・Yasuko Fukaya, Takanori Kitamura, Sachiya Koyama(2013):Statistical Analysis of Relationsip between Caregivers Type II Speech and Elderly Utterances in Geriatric Facilities in Japan, INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE 2013.Lisbon. Portugal(招聘公演)
  • ・M. Yamanoi, Y. Fukaya, T. Kitamura(2013):Mechanism of Type 1 and Type2 communication between caregivers and patients in geriatric facilities in Japan, INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE 2013.Lisbon. Portugal (口頭)
  • ・寺島涼子、江本 厚子、深谷 安子他(2012):家族介護者が行う在宅要介護高齢者の口腔ケアの実態と関連要因 在宅要介護高齢者の属性に焦点をあてて、第16回日本在宅ケア学会学術集会 (口演)
  • ・石川真、深谷 安子(2010):高齢血液透析患者の自己管理行動の実態とその背景に関する研究、日本老年看護学会第15回学術集会 (口演)
  • ・深谷安子、北村隆憲、木村勇介(2009):介護認定審査会における審査委員の合意形成の方法、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)
  • ・木村勇介、深谷安子(2009):日常生活行動における高齢者の要望や困り事への対応に関する施設職員の意識の構成要素、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)
  • ・和田奈美子、深谷安子(2009):施設入所高齢者が医療処置を受けながら生きていることへの認識 、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)

【研究助成】

  • ・平成26年度ー平成28年度科学研究費補助金基盤研究(C):施設および在宅における要介護高齢者のtypeⅡコミュニケーションスケールの開発(代表)
  • ・2013年-2015年東海大学後援会研究助成:要介護高齢者とケア提供者間のタイプⅡコミュニケーション・スケールの開発(代表)

【その他】

  • Marquis Who’s Who in the World (2007-)
  • IBC Top 100 Health Professionals(2014)
地域貢献

(研修会・講師等)

  • 日本老年看護学会査読委員
  • 日本地域看護学会査読委員
  • 在宅ケア学会査読委員
  • 横浜市介護保険認定審査委員
  • 安田記念財団研究助成審査委員
Email yafukaya@kanto-gakuin.ac.jp

佐藤 祐子 助教

担当科目  在宅看護援助論、在宅看護演習、在宅看護実習Ⅰ・Ⅱ、
研究テーマ  健康づくりのための生態系の健全性の評価(日常の歩行数維持のための居住地内の自然環境のあり方、小児における環境化学物質の食・飲水由来の暴露評価、大型指標生物とヒトとの生活史、)
主な実績 【著書】

  • <東日本大震災とボランティア>借り上げ住宅に住む被災者への「家庭訪問」,月刊ライフサポート11月号(2011),ライフサポート社,
  • 三輪律江、海老原修、稲垣景子、田中稲子、佐藤祐子;調査季報 横浜の政策力 特集「協働」から「地域運営」へ-横浜会議からの報告-地域協働による学校と子どもの地域参画推進を目指したサスティナブル圏域の可視化調査」(2010),横浜市都市経営局政策課,
  • 「豊かな食って 何ですか」KEIO SFC REVIEW「特集;大学で培う教養」No.24p32-35(2006),湘南藤沢学会,
  • 石毛直道、井上忠司、本間千枝子 編;食と人生-81の物語-第Ⅵ章めでたい時も…慈しみ 食す楽しさ(2002),財団法人味の素文化センター,

【論文】

    • 佐藤祐子、稲垣景子、佐土原聡(2015.12.)郊外団地居住者の歩行経路周辺の環境特性分析;日本建築学会住宅系研究会:第10回.
    • 稲垣景子、三輪律江、田中稲子、佐藤祐子、海老原修(2012.10.)地域協働による公共空間整備を目指したサスティナブル圏域の在り方に関する考察-学校区と地縁組織の空間分析を通じて-;日本建築学会総合論文集-場所性・地域系商空間システムと都市建築のフロンティア-第10号.
    • 海老原修、佐藤祐子(2010.12.)アクティブ・ウォーカーにみる日常生活行動圏域の可視化;ウォーキング研究14.
    • 溝井美穂、安達修一、佐藤祐子(2006.1.)小児の環境化学物質暴露評価-小児行動アンケートによるダイオキシン類摂取量の推計-;相模女子大学紀要70(B):1-7.
    • 佐藤祐子、内山巖雄、安達修一(2010.1.)3歳児におけるダイオキシン類暴露に影響する食物摂取の特徴と摂取量の推計-島嶼地域の食事調査から-;小児保健研究69(1):14-22.
    • 佐藤祐子、佐土原聡、吉田聡(2009)健康のための歩行習慣に影響する自然要素の評価;地理情報システム学会講演論文集18.

【総説】

    • 佐藤ゆき、佐藤祐子(2013.1.)小児のコホート研究における食事評価方法とその応用;小児保健研究72:3‐11.

【主な学会発表】

      • 鈴木恵太、久野佑馬、田中稲子、藤岡泰寛、佐藤祐子、(2015.3.)長期経過団地における高齢者の冬季のライフスタイルと住宅内温熱環境に関する研究-大規模修繕によらないヒートショックリスクの緩和を目指して-;人間‐生活環境シンポジウム大会.
      • A surver of Vegitation Types sdjacent to walking routes around Satoyama Areas border suburban residential area(2013.9.);The fourth IPSI Conference.
      • 佐藤祐子、中山久子、日本の看護教育創設期の教員にみる、公衆衛生看護教育の芽(2012.12.)第32回日本看護科学学会学術集会
      • Yuko SATO, Satoshi YOSHIDA, Satoru SADOHARA(2010.11.)Keep Walking Habit for Health Spatial Analysis on Behavior of Life;The 1st International conference on community Asia GIS.
      • Yuko SATO, Osamu EBIHARA,Satoshi YOSHIDA,Satoru SADOHARA(2009.9.)Analysis on Daily Activity of Life to keep Walking;National nursing Reserch Confe-rence of World Academy Of Nursing Sience.
      • 佐藤祐子、服部兼敏、西川まり子(2009.12.)交流集会「GIS(地理情報システム)と看護支援」空間分析と地域看護学の地区診断における活用;第29回日本看護科学学会学術集会
      • 佐藤祐子、小林麻朝(2008.3.)犬の散歩がヒトの運動とコミュニティ形成に及ぼす効果;第14回ヒトと動物の関係学会学術大会.
      • 佐藤祐子(2005.3.)ヒトと人魚の生活史-ジュゴンの食文化-;第11回ヒトと動物の関係学会学術大会.

【研究助成】

地域貢献

(研修会・講師等)

 ・日本公衆衛生学会認定専門家(2011.4.~)

・保健所職員への研修:災害保健活動-保健所の通常業務から考える 災害時対応-(2017)

・熊本地震:総務省災害情報機関の依頼によりSNSで心身の健康被害の予防のため、避難生活での健康アドバイス発信(2016)

・児の成長発達への障害リスクが考えられる共働き世帯への保育支援(2009~2017)

・地域高齢者見守り訪問:安否確認、健康維持・介護予防のためのケア、健康管理、(2013.5.~2015.3.)

・SATOYAMAイニシアチブ国際パートナーシップ(IPSI)第4回定例会議会合(国連高等研究所・環境省・福井県主催)国際会議2013:イニシアチブの提言を作成する会議に出席。伝統的な知恵が食の安全に生かせること、付加価値によって地域のブランドをつくることが、持続可能な開発と地域経済の発展につながることを提案。(2013)

・「地域社会圏」(山本理顕著;地域社会圏主義,2013.9.)に関し、地域コミュニティでの介護・看護・保育の詳細検討

・人の生と死をテーマにした写真展の開催:「カジマヤー(風車祝い)~ある親子の命の物語~」戸澤裕司写真展、聖路加看護大学第38回白楊祭にて(2012)

・東日本大震災福島支援“きぼうときずなプロジェクト”(聖路加看護大学)参加(2011.7.~2013.)

・健康づくりに関する地域活動(横浜市内):婦人会などでの健康チェック、歩く会の健康管理、地域新聞に健康コラムを連載、商店街イベントなどでの健康相談、散歩コースMAPづくりへのアドバイスなど(2007~2015)

・安心・安全まちづくりワークショップ-防災・防犯を中心とした街づくりのネットワーク構築に向けて-(NPO法人地域交流センター、後援:内閣府、総務省消防局、国土交通省、文部科学省) 実行委員(2004~2009)

・環境省設置「小児の脆弱性を考慮した環境保健に関する検討会」分科会委員、及び、分担研究調査(2003)

Email yukosato@kanto-gakuin.ac.jp

大元 慶子 助教

担当科目
研究テーマ
主な実績 【著書】【論文】【学会発表】【研究助成】
地域貢献

(研修会・講師等)

Email omoto@kanto-gakuin.ac.jp
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.