教育・研究
zaitaku

在宅看護学

在宅看護では、看護を必要とするあらゆる年代の方に対して社会の中での立場や役割を大切にしながら、療養の必要な方を「生活者」の視点でとらえて援助します。自宅にいながら療養する方々とその家族の援助のために必要な知識や技術について、各分野で学んだ様々な知識や技術を統合しながら3年次から学修します。また、卒業後にどのような分野で活躍するにしても必要とされる、確かな判断力や問題解決能力、家族やボランティア、様々な職種や立場の方との連携に必要とされる調整能力について、在宅で療養する方への援助を通して学んでいきます。そのために、講義・演習だけでなく、地域ケアプラザや訪問看護ステーションなどの施設での実習が用意されています。

科目①:在宅看護学概論【3年次春学期】

在宅における療養者や家族を対象に、その人らしさとセルフケアを重視した日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援、家族の介護負担軽減にも配慮したケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

科目②:在宅看護援助論【4年次春学期】

在宅ケアとは、疾病や加齢などによって医療や社会的援護を必要とする人々に対して、施設に収容せず在宅のままで福祉・医療サービスを提供することです。我が国では、これまで医療の中心であった施設ケアから在宅ケアへと大きな転換が図られています。そのため在宅ケアを要する対象とその家族を対象にした日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援やケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

教員紹介

深谷 安子 教授 博士(保健学)

担当科目 在宅看護概論、在宅看護援助論、在宅看護演習、在宅看護実習Ⅰ・Ⅱ、統合看護実習 家族看護学、卒業研究
研究テーマ
  • ・要介護高齢者のコミュニケーションに関する研究
  • ・在宅および施設における要介護高齢者の自立支援に関する研究
主な実績 【著書】

  • ・Activities of Daily Living:Performance,Impact on Life Quality and Assistance. Status of Capability ADL and Performance ADL (ADL Gap)in Community Elderly With
    Disabilities and Development of ADL Gap Self-Efficacy(2013)Nova Science Publishers, Inc.
  • ・鎌倉弥生、深谷安子編、看護学生のためのケ-ススタディ(2011)メジカルフレンド社.
  • ・サラ・コリンズ他著,北村隆憲・深谷安子監訳, 患者参加の質的研究-会話分析からみた医療現場のコミュニケーション(2010)医学書院.

【論文】

  • Yasuko Fukaya, Takanori Kitamura, Sachiyo Koyama, Shinobu Sato, Kanako Satou, (2015)Analysis of Elderly Utterances in TypeⅡCommunication with Caregivers in Japan, Contemporary Nurse, Vol 50-3. (in press)
  • ・Takanori Kitamura, Yasuko Fukaya,Sachiyo Koyama,et.al(2011)Change in speaking time of elderly people who require facility care when social communication from staff is increasedChange in speaking time of elderly people who require facility care when social communication from staff is increased,USM International Nursing Conference,51-57.
  • ・木村 勇介,深谷 安子(2011):日常生活行動における高齢者の要望や困りごとへの対応に関する施設職員の意識の構成要素,東海大学健康科学部紀要.16,31-37.
  • ・Yasuko Fukaya,Sachiyo Koyama,Yusuke Kimura,Takanori Kitamura(2009):Education to promote verbal communication by caregivers in geriatric care facilities,Japan Journal of Nursing Science.16,91-103.

【学会発表】

  • Y.Fukaya(2014):Communication as care for the elderly, 2nd International Conference on Nursing & Healthcare, Chicago USA.(招聘公演)
  • ・Yasuko Fukaya, Takanori Kitamura, Sachiya Koyama(2013):Statistical Analysis of Relationsip between Caregivers Type II Speech and Elderly Utterances in Geriatric Facilities in Japan, INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE 2013.Lisbon. Portugal(招聘公演)
  • ・M. Yamanoi, Y. Fukaya, T. Kitamura(2013):Mechanism of Type 1 and Type2 communication between caregivers and patients in geriatric facilities in Japan, INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE 2013.Lisbon. Portugal (口頭)
  • ・寺島涼子、江本 厚子、深谷 安子他(2012):家族介護者が行う在宅要介護高齢者の口腔ケアの実態と関連要因 在宅要介護高齢者の属性に焦点をあてて、第16回日本在宅ケア学会学術集会 (口演)
  • ・石川真、深谷 安子(2010):高齢血液透析患者の自己管理行動の実態とその背景に関する研究、日本老年看護学会第15回学術集会 (口演)
  • ・深谷安子、北村隆憲、木村勇介(2009):介護認定審査会における審査委員の合意形成の方法、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)
  • ・木村勇介、深谷安子(2009):日常生活行動における高齢者の要望や困り事への対応に関する施設職員の意識の構成要素、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)
  • ・和田奈美子、深谷安子(2009):施設入所高齢者が医療処置を受けながら生きていることへの認識 、日本老年看護学会第14回学術集会 (口演)

【研究助成】

  • ・平成26年度ー平成28年度科学研究費補助金基盤研究(C):施設および在宅における要介護高齢者のtypeⅡコミュニケーションスケールの開発(代表)
  • ・2013年-2015年東海大学後援会研究助成:要介護高齢者とケア提供者間のタイプⅡコミュニケーション・スケールの開発(代表)

【その他】

  • Marquis Who’s Who in the World (2007-)
  • IBC Top 100 Health Professionals(2014)
地域貢献

(研修会・講師等)

  • 日本老年看護学会査読委員
  • 日本地域看護学会査読委員
  • 在宅ケア学会査読委員
  • 横浜市介護保険認定審査委員
  • 安田記念財団研究助成審査委員
Email yafukaya@kanto-gakuin.ac.jp
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.