教育・研究
zaitaku

在宅看護学

在宅看護では、看護を必要とするあらゆる年代の方に対して社会の中での立場や役割を大切にしながら、療養の必要な方を「生活者」の視点でとらえて援助します。自宅にいながら療養する方々とその家族の援助のために必要な知識や技術について、各分野で学んだ様々な知識や技術を統合しながら3年次から学修します。また、卒業後にどのような分野で活躍するにしても必要とされる、確かな判断力や問題解決能力、家族やボランティア、様々な職種や立場の方との連携に必要とされる調整能力について、在宅で療養する方への援助を通して学んでいきます。そのために、講義・演習だけでなく、地域ケアプラザや訪問看護ステーションなどの施設での実習が用意されています。

科目①:在宅看護学概論【3年次春学期】

在宅における療養者や家族を対象に、その人らしさとセルフケアを重視した日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援、家族の介護負担軽減にも配慮したケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

科目②:在宅看護援助論【4年次春学期】

在宅ケアとは、疾病や加齢などによって医療や社会的援護を必要とする人々に対して、施設に収容せず在宅のままで福祉・医療サービスを提供することです。我が国では、これまで医療の中心であった施設ケアから在宅ケアへと大きな転換が図られています。そのため在宅ケアを要する対象とその家族を対象にした日常生活の援助、在宅での医療処置管理の支援やケアマネジメント等に関する基礎的な実践能力を養います。また、より充実した在宅ケアシステムの構築に向けての看護の役割について理解を深めます。

教員紹介

齋藤 訓子 教授

担当科目
研究テーマ
主な実績 【著書】

    【学術論文】

【学会発表】

【研究助成】

【その他】

地域貢献

(研修会・講師等)

Email nsaito@kanto-gakuin.ac.jp

森實 詩乃 准教授

担当科目
研究テーマ
主な実績 【著書】

【論文】

【総説】

【主な学会発表】

【研究助成】

地域貢献

(研修会・講師等)

Email shino28@kanto-gakuin.ac.jp

大元 慶子 助教

担当科目 在宅看護学概論、在宅看護学援助論、在宅看護学援助論Ⅰ、在宅看護学実習Ⅰ・Ⅱ、
統合看護実習、卒業研究
研究テーマ
  • ・地域で生活する視覚障害者の生活とQOL
  • ・在外の邦人就労者の健康を支える邦人看護職者の役割と能力に関する研究
主な実績 【査読論文】

  • 1. Yasuko Fukaya, Ritsuko Wakabayashi, Kanako Yamakuma, Takanori Kitamura, Mai Yamanoi, Keiko Omoto, Mizuki Numa, and Aleksandar Djordjevic: “The Development of the Life-Worldly Communication Scale (LWCS) for Elderly Persons in Geriatric Facilities”, International Journal of Nursing and Health Care Research, DOI: 10.29011/ IJNHR-119, 100019 (2018)
    【国際会議録論文】

  • 1. Yasuko Fukawa, Ritsuko Wakabayashi, Keiko Omoto: “Study on The Development of Life Worldly Communication Scale (LWCS) for Elderly Who Need Long-term Care”, Nursing Diagnosisand Midwifery, in Prague/Czech (September 2018)
  • 2. Keiko Omoto, and Reiko Hatakeyama: “A Study on Health Anxiety of Visually Impaired People in Japan”, Proceedings of Asian Society of Human Services Congress, in Jeju/Korea (August,2019)
    【国内学会発表】

  • 1. 大元慶子: “海外で就業する日本人の健康を支援する看護職者の役割と求められる能力”, 第29回日本医学看護学教育学会 2019-03
  • 2. 大元慶子: “視覚障害者における健康不安と医療機関における受け入れ体制に関する予備的検討”, 第50回日本看護協会在宅看護学会 (2019-09) (採択)
    【受賞】

  • ・2019 EXCELLENCE AWARD, 2019 Asian Society of Human Services Congress in JEJU (August 2019)
    【研究助成】

  • 1.2018年度関東学院大学看護学研究所助成金
  • 2.2019年度公益法人横浜学術教育振興財団
地域貢献

(研修会・講師等)

1.日本医学看護学教育学会評議員(2019年4月~)
2.地域ボランティアサークルR立ち上げ、支援活動(2019年4月~)
Email omoto@kanto-gakuin.ac.jp
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.