学部案内

学部長からのメッセージ

看護学部は2013年に開設し、2017年に初めての卒業生を送り出しました。超高齢社会における保健医療福祉制度の変革に伴い、看護の役割が拡大していく中で、期待に応えられる専門職業人として活躍してくれると信じています。

看護学は、実践の科学といわれています。それは看護学が、机上や研究室で修得する知識・技術のみならず、病院などの臨床の場において、実際の対象者を目の前にし、他者のために行動することを通じて真に学び得る学問だからです。

看護師を志す学生たちには、対象者を目の前にした際に、正解は一つとは限らないということを、常に心に止めておいてほしいと考えます。教室で学んだ原理原則を基本にしながらも「この人にとって、最良のケアとは?」を考え続けることこそ、よりよい看護を提供するための近道です。講義で原理原則を学び、看護師と対象者の立場をロールプレイングで学び、実習で実際の「看護」を体験的に学修していきます。学び方はそれぞれですが、そこで得た気づきを基にして、さらに深く学ぼうとする人に成長してほしいのです。

「人間」の心身は、まだまだわからないことだらけです。科学が進歩すれば、医療・看護の現場の常識さえ変わってしまいます。ですから、看護師になる人は、生涯学びつづける人であってほしいのです。新しい知識や技術に対して、常に前向きで先進的に学びつづける人は「誰かのために働きたい」「目の前の人に安全・安楽でいてほしい」という思いを持っている人ではないでしょうか。この思いを持てる人こそ、関東学院大学の校訓「人になれ 奉仕せよ」を具現化できる人に成長できると思います。「人のために、社会のために、自分はどうあるべきか?」。ここでの学びを通じて、その自問自答を繰り返しながら、創意工夫をつづけられる人に成長することを期待しています。

看護学部 学部長

平田 明美 教授

PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.