教育・研究
研究活動メインイメージ

関東学院大学看護学部での研究活動を紹介します

看護学研究所

目的

看護学研究所は、看護学及びその関連分野に関する基礎的及び応用的調査・研究を行い、看護学部教育研究の充実と保健・医療・福祉分野の発展に寄与することを目的としています。

事業内容

  • (1)看護学及びその関連分野に関する基礎的及び応用的研究
  • (2)大学内外の研究者、研究機関等との研究交流及び共同研究
  • (3)研修講座、公開講座等の開催
  • (4)研究成果の発表及び刊行

刊行物

関東学院大学看護学研究所業績集(年1冊)

2016年度看護学研究所研究助成

 

研究形態 研究テーマ 研究代表者(領域)
個人研究(助成) 在宅において人工呼吸器を使用して生活する子どもをもつ
母親の災害における備えの実態と関連要因
  橋浦里実(小児看護学)
個人研究(助成) 在宅における要介護高齢者のTypeⅡコミュニケーション
スキルの開発
  山隈加奈子(在宅看護学)
個人研究(助成) 看護師養成教育カリキュラムの変遷と病院実習に関する
文献レビュー
  沢田真喜子(母性看護学)
個人研究(助成) 若年者の「こころの健康」に対する認識や啓蒙に関する研究   馬場薫(精神看護学)
個人研究(助成) 小児喘息テイラー化教育プログラムの実用性評価   飯尾美沙(小児看護学)
個人研究(助成) 地域の精神障害者施設におけるEBPに基づく
心理教育の効果促進の研究
  内山繁樹(精神看護学)
個人研究(助成) 在宅酸素療法中の高齢者COPD患者における
自転車エルゴメータを使用した運動療法の効果に関する研究
  若林律子(療養支援看護学)
個人研究(助成) ケアを行う子ども(ヤングケアラー)に関する実態調査   青木由美恵(老年看護学)
個人研究(助成) がん化学療法中の学童のための食生活セルフマネジメント
個別支援プログラムに関するモニター評価
  永田真弓(小児看護学)


 関東学院大学看護学部教養学会

 目的

  関東学院大学看護学部教養学会は、正会員として看護学部専任教員(特約教員含む)及び助手、学生会員として看護学部学生に
  よって構成されており、看護学部共通科目教育に関する調査・研究等を行い、看護学部共通科目の充実に資することを目的として
  います。本学会では、学生が人として、また看護専門職として成長するための土台となる教養教育の充実を図るため、講演会など
  を企画・運営いたします。本学会活動が学会員にとって、豊かな人間性と高い倫理観を涵養し、主体的に自己研鑽することのでき
  る能力の育成など看護専門職者としての成長の土台づくりにつながることを期待しています。

 講演会

時期 講演会名 講師 報告
2014年 1月20日 現代における笑い コラアゲンはいごうまん(ワハハ本舗) 2013年度
講演会
2014年 11月5日 命の事実といのちの物語と 鈴木公基准教授(本学教育学部こども発達学科) 2014年度
講演会
2016年 1月7日 「生存の技法」
    ~ALS等の在宅介護~
川口有美子氏(NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会理事、日本ALS協会理事)
2016年 1月12日 ALSの現場から見た生と死 川口有美子氏(NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会理事、日本ALS協会理事)



*看護学部教員の主な研究業績については、教員紹介をご覧ください。

PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.