教育・研究
精神看護学メインイメージ

精神看護学

精神看護学は、心の不調や病気から健康を高めることが目的です。学校や職場でのメンタルヘルスケアや実際に精神疾患をもって入院されている方々へ援助を行います。心にもリハビリテーションが必要です。社会に適応できるようになったり、人との関係がスムーズになったり、職場への復帰ができるようになったりするための援助が心のリハビリテーションです。また、地域で生活する方々(当事者)への支援はとても重要視されています。そのために地域でのフィールドワークの実習を取り入れ、近隣で生活する当事者の方々と一緒にプログラムに参加します。本来の精神障がい者の方々を理解するために、普通に生活している当事者と接する体験を通してその支援を学びます。

科目①:精神看護学概論【2年次秋学期】

社会変化の中での病院・学校・職場・地域という様々な場で生活する人々の心の健康の保持・増進と心の問題を抱える人々が社会的資源を活用しながら、本来の生活のあり様やその人らしさを取り戻せるよう援助することを探求します。精神看護学の概念、精神医療の歴史・法制度、精神看護と倫理、精神看護の専門性と今日的課題等について正しく理解を深めることで、精神看護を実践する上での基盤となる知識や考え方を学びます。

科目②:精神看護学演習【3年次春学期】

精神に障害を持つ方々の理解は、講義やテキストからいくら知識を学んでも、実際に「精神疾患の症状は生活にどのように影響するのか」、「地域の中でどのような生活をしているのか」はなかなか具体的に見えてきません。この授業の特徴は、地域でのフィールドワークで実際に当事者の方々と交流を深め、また当事者とその家族をお招きし、体験談を伺いながら地域で暮らすためにはどのような看護援助が必要かを学びます。

教員紹介

内山 繁樹 准教授

担当科目 精神看護学概論、精神看護学実習、精神看護学援助論、精神看護学演習、家族看護論、論文購読、統合看護実習、卒業研究
研究テーマ
  • ・精神に障がいを持つ当事者とその家族への支援
  • ・EBP(Evidence-Based Practices)に基づく心理社会的介入プログラムの実践と評価
主な実績 【著書】

  • ・Fadden G, Heelis R.:The Meriden Family Programme: Lessons learned over 10 years,Journal of Mental Health,February 2011; 20(1): 79–88,2011.内山繁樹(2014):精神障害とリハビリテーション,海外の精神障害リハビリテーション研究の紹介,VOL18(2),209-211,金剛出版,東京.
  • ・瀧川薫編,内山繁樹 他(2013):看護系標準教科書改訂版 精神看護学,140-154,オーム社,東京.
  • ・内山繁樹(2011):横浜市旭区ブックレット編集委員会,やどかりブックレッド編集委員会:やどかりブックレッド・障害者からのメッセージ20 ひとりぼっちのあなたへ 仲間・出会い・未来,やどかり出版,71,東京.

【論文】

  • ・内山繁樹,塚田尚子,櫻庭孝子(2014):地域精神障害者施設でのEBP(Evidence-based practice)に基づく家族心理教育による家族支援,VOL2(1),11-20,関東学院大学看護学会誌.
  • ・内山繁樹,塚田尚子,櫻庭孝子(2014):地域生活支援センターでのIMR(Illness Management and Recovery:疾病管理とリカバリー)の実践,日本病院・地域精神医学,VOL57(3).
  • 【学会発表】

    • ・内山繁樹,中村正子,塚田尚子 他(2014):はじめよう!IMR(疾病管理とリカバリ-)~看護師によるリカバリー支援の実践~(2014):平成26年度日本精神科看護学術集会(口演).
    • ・. 内山繁樹,加藤大慈,浅野克己(2014):IMRでリカバリー~病気を理解し希望を持って生きる~,IMR(Illness Management and Recovery:疾病管理とリカバリー)とは,リカバリー全国フォーラム2014(口演).
    • ・内野俊郎,加藤大慈,内山繁樹(2014):EBPツールキットを用いたIMR(Illness Management and Recovery),日本精神障害者リハビリテーション学会第22回岩手大会(口演).
    • ・内山繁樹,塚田尚子,櫻庭孝子(2014):地域生活支援センターでのIMR(Illness Management and Recovery:疾病管理とリカバリー) の実践,第57会日本病院・地域精神医学会総会(口演).
    • ・内山繁樹,塚田尚子,阿部榮子 他(2014):IMRの実践による地域に暮らす当事者のリカバリーの一例~Illness Management and Recovery:疾病管理とリカバリー,神奈川県精神医学会第166回(口演).
    • ・内山繁樹,塚田尚子,櫻庭孝子(2015):地域における心理教育プログラム実践によるスタッフのリカバリーへの意識~IMR (Illness Management and Recovery)~,心理教育・家族教室ネットワーク第18回研究集会(口演).
    • 【研究助成】

      • ・平成25年-27年,科学研究費補助金・基盤研究(C):地域精神障害者施設におけるEBPに基づく心理教育の効果促進の研究(代表).
      • ・平成26年度公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団:地域におけるリカバリー志向による家族心理教育の展開,(分担).
      • ・平成26年度-平成28年度 日本精神科看護協会研究助成:精神科看護師の職務キャリア尺度の開発に関する研究(分担).
地域貢献

(研修会・講師等)

  • ・神奈川県精神保健福祉協会精神科看護職員研修会,講師
  • ・けやきの森病院看護部看護研究研修会看護研究指導,講師(2013~)
  • ・関東学院大学公開講座,講師(2013~)
  • ・神奈川県立保健福祉大学実践教育センター急性期重症者支援課程重症集中ケア看護技術および教員・教育担当者養成課程看護コース技術,非常勤講師
Email suchi@kanto-gakuin.ac.jp

馬場 薫 講師

担当科目 精神看護学演習、精神看護学実習、統合看護実習、卒業研究
研究テーマ
  • ・精神科における人的資源の活用に関する研究
  • ・看護職のメンタルヘルスに関する研究
主な実績 【論文】

  • ・馬場薫,齋藤深雪(2015):精神看護専門看護師の活動状況と雇用・活用ニーズの認識に関する調査研究,北日本看護学会誌,17(2),31-37.
  • ・馬場薫,齋藤深雪(2013):病院に勤務する専門看護師の職務上の困難と将来展望,北日本看護学会誌,15(2),21-28.
  • ・馬場薫,齋藤深雪,田中幸子他(2013):病院に勤務する専門看護師の職場環境の実態と職務満足との関連,日本看護研究学会雑誌,36(2),95-104.
  • ・山形大学医学部看護学科厚生委員会(2010):看護系大学卒業生の職場定着および専門性獲得に関する意識調査,看護展望,35(12).
  • 【学会発表】

    • ・馬場薫,齋藤深雪(2012):病院に勤務する専門看護師の活動上の困難や悩み,第15回北日本看護学会学術集会(示説).
    • ・齋藤深雪,馬場薫,吾妻知美(2012):生活背景によるデイケア通所者の生活機能の実態,第38回日本看護研究学会学術集会(示説).
    • ・齋藤深雪,馬場薫,鈴木英子他(2012):デイケア通所者の生活機能とコミュニケーション能力の実態,第32回日本看護科学学会学術集会(示説).
    • ・Miyuki Saito,Kaoru Baba,Eiko Suzuki et al. (2012) :Comparison of Communication Ability of Patients with Schizophrenia Based on Objective for Attending Day Care Using J-RAS as a Standard,23rd International Nursing Research Congress(示説).
    • ・馬場薫,齋藤深雪,田中幸子,丸山幸恵(2011):病院に勤務する専門看護師の職場環境の実態と職務満足との関連,第37回日本看護研究学会学術集会(示説).
    • ・Miyuki Saito, Kaoru Baba, Eiko Suzuki et al.(2011): Investigation of Day-care Programs in which Psychiatric Day-care Outpatients can Voluntarily Participate—Based on the vital functions of an outpatient—5th International Congress on Innovations in Nursing(示説).
    • ・Miyuki Saito, Kaoru Baba, Eiko Suzuki et al.(2011): Daily life function of day-care center attendees depending on cohabitation with family members-Based on the “Functioning assessment scale for mentally disabled individuals”. The 10th International Family Nursing Conference(示説).
    • ・齋藤深雪,馬場薫,吾妻知美他(2011):デイケア通所者の通所目的の有無による生活機能の比較-精神障害者生活機能評価尺度を基準にしてー37回日本看護研究学会学術集会(示説).
    • ・齋藤深雪,馬場薫,鈴木英子他(2010):精神科デイケア通所者のコミュニケーション能力の実態―J-RASを用いて―第30回日本看護科学学会学術集会(示説).
    • ・齋藤深雪,馬場薫,吾妻知美他(2010):統合失調症患者の日本語版Rathus assertiveness schedule(J-RAS)の信頼性と妥当性の検討第36回日本看護研究学会学術集会(示説).

    【研究助成】

    • ・平成27年度-平成30年度 科学研究費助成事業・若手研究(B)専門看護師の役割機能獲得の過程とキャリア発達に関する縦断研究(代表).
    • ・平成26年度-平成28年度 日本精神科看護協会研究助成:精神科看護師の職務キャリア尺度の開発に関する研究(代表).
    • ・平成24年度-平成26年度 科学研究費助成事業・若手研究(B)専門看護師の雇用上の課題と雇用促進に関する研究(代表).
地域貢献

(研修会・講師等)

  • ・関東学院大学公開講座 講師(2013~)
  • ・看護経済・政策研究学会第4回学術集会一般招聘講演「専門看護師はどのように働いているか」(2013)
Email bkaoru@kanto-gakuin.ac.jp

栗城 尚之 助教

担当科目 精神看護学演習、精神看護学実習、統合看護実習
研究テーマ
  • 自殺企図患者への早期看護介入に関する研究
  •     

  • 地域で暮らす精神障害者の健康自己管理に関する研究
  • 看護の人材育成と活用に関する研究
主な実績 【著書】

  • ・鈴木美智子,十文字美代子,栗城尚之(2014):特集 臨地実習指導を円滑に進める意思疎通柔軟に意見交換ができる雰囲気づくり 臨地実習における教育・臨床側の役割と指導環境の整備,45-54,看護人材育成6・7月号,日総研,名古屋.

【論文】

  • ・栗城尚之,宮本千津子(2017):異業種経験のある新卒看護師の職場適応と燃え尽きとの関連,関東学院大学看護学会誌,4(1),23-27.
  • 【学会発表】

    • ・蒲池あずさ,遠藤恵美,十文字美代子,栗城尚之(2013):新採用看護師へのストレスマネジメント研修~4ヶ月・8ヶ月後の対処行動~,第26回日本総合病院精神医学会(示説) .
    •                               

    • ・栗城尚之,十文字美代子,鈴木美智子(2014):新人看護職 の6ヶ月後の看護技術習得状況,第15回神奈川県看護教育フォーラム(示説).
    • ・宮本千津子,末永由理,栗城尚之 他(2014):社会人経験をもつ新人看護師を活かす現任教育への挑戦,第18回日本看護管理学会学術集会(口演).
    • ・栗城尚之(2015):異業種経験を持つ新卒看護師の職場適応に関する要因,第19回日本看護管理学会学術集会(口演).

    【研究助成】

    • ・平成28年度 関東学院大学看護学研究所 研究助成 若年者の「こころの健康」に対する認識や啓蒙に関する研究(分担).
    • ・平成29年度 関東学院大学看護学研究所 研究助成 リカバリー志向に基づく地域で暮らす精神障害者の健康自己管理支援(代表).
地域貢献

(研修会・講師等)

  • ・けやきの森病院 看護研究研修会 看護研究指導(2016~)
  • ・けやきの森病院 看護師研修会「看護記録と看護計画」 講師(2017)
  • ・神奈川県看護協会「看護研究推進支援事業」 講師(2017~)
Email tkuri@kanto-gakuin.ac.jp
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.