教育・研究
研究活動メインイメージ

関東学院大学看護学会

学会について

目的

関東学院大学看護学会は、会員相互の教育研究活動を助成・推進し、看護学部専門教育の充実と看護学の発展に寄与することを目的としています。

会員

  • 正会員(特約教員を含む看護学部専任教員及び助手)
  • 学生会員(看護学部及び大学院看護学研究科に在籍する学生)
  • 名誉会員(正会員のうち定年退職した者)

事業内容

  • (1)講演会、研究会、研究発表会及びシンポジウム等の開催
  • (2)看護学会誌の発行
  • (3)教育研究活動に対する助成

講演会

時期 講演会名 講師 報告
2014年 1月11日 研究活動にかかわる人と円滑な人間関係を構築するための接遇研修 ANA Business Solusions講師 2013年度講演会
2014年 9月20日 看護学生のための接遇&マナー研修 ANA Business Solusions講師 2014年度講演会
2015年 9月25日 看護学生のための接遇&マナー研修 ANA Business Solusions講師
2016年 9月2日 看護学生のための接遇&マナー研修 ANA Business Solusions講師
2018年 1月15日 セルフマネジメント支援に向けた薬害被害者の理解 鈴木弁護士(みなとの見える弁護士事務所),薬害被害者の方
2018年 1月19日 看護学生のための接遇&マナー研修 ANA Business Solusions講師
2021年 2月21日 看護学生のための接遇&マナー研修 ANA Business Solusions講師

 

関東学院大学看護学会誌

関東学院大学看護学会が発行する雑誌です。刊行論文は、関東学院大学の機関リポジトリにアップロードされ、電子ジャーナルとしてアクセスできます。

7巻1号

No.(種類) 題目 著者
1(総説) 「いま 思うこと」 : (看護学部の開設を振り返って) 矢田 眞美子
2(資料) ひらめき☆ときめきサイエンス:病気別の食事を考えた自分カルテ作りを通じた受講者と保護者のプログラムや科学・学問への興味・関心 永田 真弓, 他

7巻2号

No.(種類) 題目 著者
1(資料) ディスポーザブルタオルを用いた清拭と従来方法による清拭の比較における患者の主観的評価:文献レビュー 渡辺 真弓

PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.