ニュース

お知らせ

2021.03.04

本学からの医療応援派遣(看護師)が、3月3日付の読売新聞【神奈川版】に掲載されました

昨年12月に出された厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症対策における看護師等の免許を有する教員や大学院生の支援について」の派遣協力要請をうけ、本学との提携施設である横須賀共済病院と実習施設である横須賀市立うわまち病院の2施設に3名の看護学部教員が応援に入っています。いずれの医療機関も新型コロナ感染患者を受け入れており、患者数の増大により医療提供体制が逼迫している状況にある医療機関への協力派遣になります。

 

コロナウィルス感染症の最前線で向き合う医療者の闘いは1年以上にわたり、心身ともに疲弊していることが容易に想像されます。自らの命の危険性も心配しながらも日々向き合っている職員の方々に対して、同じ看護専門職としてサポートをしたいという気持ちで協力をしています。

 

「一人ひとりに出来ることをできる時にする。」当たり前のことのようではありますが、本学の建学の精神である「人になれ 奉仕せよ」の具現化の行動の一つであると言えましょう。

 

また、この取組みは大学および学部の協力体制はもとより、看護職能団体である神奈川県看護協会、受け入れ医療機関のそれぞれの連携があって実現しています。

 

今回、そのうちのひとりである栗城尚之助教の応援派遣について「読売新聞【神奈川版】」2021年(令和3)年3月3日付け朝刊の記事に紹介されました。

 

記事詳細は著作権の都合上、本ホームページへの転載できませんので、宜しければ新聞に目を通していただければと思います。

 

看護学部では今後も地域の感染拡大防止に協力すべく、一層尽力して取り組んでまいります。

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.