ニュース

お知らせ

2020.01.10

看護学生が「いのちの授業」を行いました。

看護学部4年生のメンバーが中心となり、関東学院六浦小学校4年生に自己の成長を振り返る機会や家族やたくさんの人に大切に守られ、育ててもらった「いのち」に気づくこと、「いのち」の大切さを理解してもらうという目的のもと今年も「いのちの授業」を行いました。

4年生は、初めての大学に緊張しながら教室に入ってきました。聴診器を使って心臓の音を聴く体験では、友達の心臓の音を聞いた瞬間、子ども達の表情が大きく変化します。初めて手にする聴診器の使い方も、看護学部生に教えてもらいながら、心臓の場所を探します。自分の心臓も動いているかなと確認するように、自分の胸に聴診器を当てる子もいました。また、沐浴体験では、新生児モデル人形を2人1組となり、沐浴を行いました。沐浴するためにはたくさんの力が必要なことや、腰が痛くなって大変だという感想が聞かれました。妊婦体験とベビーカーを動かす体験では、妊婦さんやベビーカーを押すお母さんの大変さを体験し、電車などで見かけたときは少しでも助けてあげたいという声もありました。短い時間ですが、自分の小さかった頃を振り返り、あらためて周囲の人々にここまで大きく育ててもらったこと、そして、小さないのちを守るという気持ちを感じる体験となりました。

①      ②

③      ④

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.