ニュース

お知らせ

2019.05.13

第5回 派遣式が執り行われました

本学看護学部の第5回派遣式が,5月11日(土)に金沢八景(室の木)キャンパスE5号館のチャペルで行われました。看護学部3年生を対象とした式では、6月から始まる臨床実習に向けて意気込みを発表しました。

 
派遣式の開催にあたり、平田明美看護学部長から式辞が述べられました。その後、村椿真理学院宗教主任によって、キリストの語る愛の精神が、また愛の実践の技に生きていく、そのことが校訓「人になれ 奉仕せよ」という言葉を自ら実践していくことになる、と派遣の辞がありました。

 

この派遣の辞に続いて、学生一人ひとりが祈りを込めキャンドルに火を灯しました。そして、代表学生から臨床実習へ向けての力強い決意の宣誓がありました。
宣誓では、「私たちは、本校の校訓である“人になれ 奉仕せよ”について、これまでの実習経験を踏まえ、看護の視点で考えたことを発表します。
まず、私たちは“人になれ”を理解するために、人を構成する要素や、位置づけを吟味する必要があると考え、人そのものに着目しました。人とはその人の性格、文化、育った環境、個人の強みや弱み、価値観を基盤として構成され、個性を発揮している存在であるという見解に至りました。つまり、自分の性格や習慣、強みや弱み、大切にしていることなどを見つめ直すことは自己理解の実現につながると思います。さらに、このような考えを持ち、他者と接することによって、相手への関心が高まり、生活背景や人間関係、人生経験などを理解するきっかけとなります。」と続き、看護のみならず「人間」を理解する重要性が述べられました。

 

学生の宣誓を受けて、規矩大義学長から祝辞が述べられ、讃美歌の斉唱と祝祷をおこない式典は厳かな雰囲気の中、終了しました。

 
IMG_0373  DSC_1577

DSC_1593  DSC_1640
 
DSC_1661  DSC_1656

DSC_1671  DSC_1683

 IMG_0040

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.