ニュース

お知らせ

2019.04.10

サークル紹介:救命救急サークル「LINK」

4年間の大学生活において、クラブ活動・サークル活動への参加は、同期の仲間だけでなく、
他学部の先輩や後輩など多くの仲間と交流できる場となっています。
看護学部の学生達は、比較的余裕のある1・2年生の時期に、様々な活動に参加し交流しています。
 
看護学部においても、2014年に第1号のサークルが誕生し、活動を続けてきました。
そして、昨年、2018年に看護学部で2番目となる公認サークルが発足しました。
 
救命救急サークル「LINK」(リンク)です。
 
メンバーからの活動についての紹介です。

【活動の内容】主な活動内容は、街中で倒れている人に行う一次救命処置(BLS)や院内での心停止などに
チームで対応する二次救命処置(ICLS)のトレーニングです。おもな活動場所は、看護実習室です。
AEDや心電図モニター、救急カートなど実践に即した機器を使用して演習を行っており、本格的な活動
となっています。
 
【活動への想い】救命処置がテーマであるため真剣に取り組んでいますが、チームワークの良さと
明るく和気あいあいとした雰囲気をモットーにして活動しています。また、メンバーたちは、LINKの
活動を通じて患者さんとその家族の立場に立ち、何が必要かを常に考えること、そして、看護の専門性とは
何かを考え探求することを大切にしています。
 
【今後の目標】サークルとしての活動は、これからさらに ❝輪(LINK)❞ を広げ、発展していく段階に
ありますが、命の大切さや人が倒れていたら何ができるのかということを知ってもらえるような対外的な
活動も行っていきたいと考えています。
 
【未来の仲間へのメッセージ】現在、3年生 14人(男子5人)、2年生 9人(男子3人)で活動しています。
在学生の皆さんをはじめ、本学を志望される皆さんにもLINKの活動を知って頂きたいと思います。
また、活動に興味を持って下さった方は、是非一緒に参加をしてみませんか!
メンバー一同、お待ちしています。
 
なお、照林社から発売されている看護学生向け雑誌「プチナース」の取材を受け、2019年5月号(4月10日発売)に
記事が掲載されています。宜しければ、是非、お手に取りお読み頂ければ幸いです。
 
LINK1 LINK2
 
LINK3

 

 

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.