ニュース

お知らせ

2018.05.14

第4回 派遣式が執り行われました

看護学部の第4回派遣式が,5月12日(土)に室の木キャンパス5号館のチャペルで行われ,これから専門領域の実習が本格化する前に,学生は実習に臨む決意を表明しました。

 

はじめに,「3年次の実習は,専門職としての成長の核となる実習です。患者さんや先輩看護師,教員,そして仲間との出会いの中で,多様な価値観に触れ,より人間理解,自己理解が深まるでしょう。地域の人々の健康と福祉に貢献する実体験が皆さんの成長に繋がります。共に新たな歩みを始めましょう。」と平田明美看護学部長から式辞が述べられました。

 

その後,松田和憲学院宗教主任によって,「地の塩」と「世の光」の一節の紹介と説明と共に,キリストの語る愛の精神が,また愛の実践の技に生きていく,そのことが校訓「人になれ 奉仕せよ」という言葉を自ら実践していくことになる,との派遣の辞がありました。

 

この派遣の辞に続いて,学生一人ひとりが祈りを込めキャンドルに火を灯しました。そして,代表学生が,「人は内省し,人のために働くことによって奉仕することができるという,人の在り方を校訓から学びました。患者の苦痛に寄り添い,ともに乗り越え,他者の幸せを自分の幸せのように喜び,また自分のことのように他者を愛することで,周囲から信頼され,必要とされる人を目指します。社会のために自分ができることに精一杯取り組んでいきます。」と校訓である「人になれ 奉仕せよ」の精神の具現化に向けた力強い決意の言葉として宣誓しました。

 

学生の宣誓を受けて,規矩大義学長から「助けを必要としている人を前にして,他者を愛し,他者をもってその痛みを感じて,その人とその人の周囲に思いを至らすことのできる看護師を目指してください。皆さんの健闘をお祈りします。」と祝辞が述べられ,最後に,讃美歌の斉唱と祈祷を行い,厳かな雰囲気の中、式典は終了しました。

 

学部長式辞 松田先生
学生宣誓1 学生宣誓2
学生宣誓3 学長
讃美歌 学生全体

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.