ニュース

お知らせ

2014.11.13

看護学部教養学会主催の講演会を開催しました

2014年11月5日(水)に、看護学部教養学会主催の講演会を開催しました。
 
「命の事実といのちの物語と」というテーマで、本学人間環境学部人間発達学科准教授の鈴木公基先生にご講演いただきました。室の木キャンパスE-6号館101教室で開催され、看護学部の1年生・2年生および教員をはじめ、他学部教員、関連部署の事務職員の参加がありました。
 
講演会は、鈴木公基先生が所員として活動されている「キリスト教と文化研究所」の紹介からはじまり、続いて、先生が“いのち”を研究して難しいと思うこと(問題意識)についてお話されました。大学生を対象とした調査結果をひも解きながら、“いのち”はどのようにとらえられているのか、“いのち”は大切か、“いのち”の重みに違いはあるかなど、普段の生活ではなかなか考えることのなかった問いを参加者に投げかけてくださいました。後半は、事例を通して、事実としての“命”に人間はどのように向き合うのかという観点から、新しい“いのちの物語”を生成するプロセスについて解説してくださいました。
 
参加者からは「“いのち”について深く考えたことがなく、自分や他者のいのちの大切さや重みについて考えさせられた」「自分とかかわりのない人の命について関心を寄せていなかったことに改めて気づいた」「将来働いていく上で大事なことだと思った」などの感想が寄せられ、ひとの“いのち”に関わる学問を探究する看護学部ならではの講演会になりました。
 
教養学会 003    教養学会 005 教養学会 004  教養学会 011

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8503 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)5653
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.